速水陽子先生の料理レシピ第一回 チェッターヒン(ミャンマーチキンカレー)

ヤンゴン駐妻界のカリスマ、速水陽子先生に秘蔵のレシピを公開頂くコーナーが始まりました。

ミャンマーを代表する料理は数多くありますが、、、
輝ける第一回として、みんな大好きチェッター(鶏肉)+ヒン(カレー)を選出致しました。
刺激的な辛さの奥に旨さが潜み、一度食べるとヤミツキになること間違いなし!

材料はミャンマーで使われるピーナッツオイル、ターメリック(ウコン)、たくさんのタマネギ、ニンニク、ショウガ、ナンプラー、一味、カレーリーフが特徴です。

水を使わず油を多く使いますが、ヘルシーにアレンジしたレシピを考案頂きました。

TOC

材料(3人分)

鶏もも肉 300g
下味用にターメリック・ナンプラー・塩 小さじ1
玉ねぎ粗みじん切り 200g
ニンニクとショウガのみじん切り 各3かけ
カレーリーフ 20枚
ピーナッツオイル 大さじ5

調味料)カレーパウダー 大さじ3
チリパウダー 小さじ1
砂糖 大さじ1
ナンプラー 大さじ2
塩 適量
仕上げ用にマサラ 小さじ1

カレーリーフ 日本では乾燥したものが販売されていますが、ミャンマーではフレッシュなリーフが一束100MMKで売られている。
日本でも本格的なインドカレー屋さんではカレーリーフが使われているとのこと。

作り方

鶏肉はぶつ切りにして、下味用調味料を揉みこみ30分置く

鍋を中火で熱し、ピーナッツオイルを加えて、ニンニクとショウガを香り、よく炒めタマネギを加えて茶色くなるまで炒める。先に準備した鶏肉を加えて、さらに炒める

鶏肉に火が通ったら、水400mlとカレーリーフを加えて水分量が約半分になるまで

調味料を加えてさらに弱火で5分煮込み、マサラを加えて火を止める

完成!!

AWAお弁当情報(2021年1月)

 速水陽子先生の美味しい日替わりランチ弁当が、なんと7,000MMK!!
 オーダー:当日10時まで(メール/SMS/電話にて対応。)
 配達料金:3個以上で無料(~2個まで3,000MMK。ドライバーさんピックアップ対応可)
 注文時にご飯の量を指定できます。(無し/少なめ/普通/大盛り)
 (*詳細は添付のPDFにて)

Let's share this post!

Author of this article

2013年、ミャンマーに初出張

Comments

To comment

TOC
閉じる